どう乗るかではなくどう伝えるか

多くの人は馬に乗ると自動的かつ潜在的に「どう乗ればいいかな」とまず考えてしまいます。ですが個人的にはどう乗るかより大切なのは「どう伝えるか。」だと思います。それはたくさんの馬に乗ってたくさんの落馬やコミュニケーションの失敗をしてきたおかげかもしれません。

馬に乗ったとき(だけでなく馬装でも手入れでもいつでも)まず考えるべきことは馬の思考にどう伝えるか?ということです。馬はこう乗ればこう動くはずだと自分も思うでしょうし、指導員もそういう前提で話をすることが多いです。しかしそうじゃない。

馬を動かしているのは馬の気持ち。馬の思考。

だから一度馬の背にまたがったら、どう乗るかではなく、どう伝えるか、そして馬はどう思うかということだけに集中する必要があります。馬の”想い”というものを常に考えながら、ソフトに自分のボディーランゲージを繰り出す必要があるのです。

それって……愛っぽいよね(^^)

ピルーエット

ワーキングピルーエット

 

反対駈歩

カウンターキャンター

 

馬との絆

and love.

 

乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL 050-3637-4902

FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております。ご連絡はメールでどうぞ)Email

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号