自馬預託

自馬預託

「馬を幸せにしたい」

 

もし愛馬を幸せにしたいと願っているならどうぞウィッシュへお越しください。

多くの方が馬と幸せな関係を築いています。

 

私たちはゆっくり優しく馬の気持ちを大切にしながら乗馬をしています。

調教においても馬の気持ちを考えること、馬が健康であることを一番に大切にしています。

調教では馬の理解と納得を求めるので理不尽な強制をすることはありません。脚で蹴ったり鞭で叩いたりすることはなく、鞍傷や拍車傷は一頭もありません。蹄にも細心の注意を払い、蹄叉腐乱の馬は一頭もいません。

ウィッシュの馬たちはみんないきいきとした可愛い表情や健康な身体を保っています。

馬たちの様子はブログの写真でご覧いただくことができます。

 

馬術とは調和、馬との相互理解ではないでしょうか。

愛馬に幸せになってもらいたいと本気で願うあなたと愛馬をお待ちしています。

 

馬が幸せとは

馬の預託

では馬が幸せとは具体的にどんな状態でしょうか。

私たちは馬が幸せとはこういう状態だと考えており、ウィッシュの馬達がみんなこの状態になるよう毎日管理しています。

 

~馬が幸せな状態とは~

 

馬がリラックスしておとなしい。

馬房で無口をつけてもらいたがる。

引っ張らなくてもどこへでもついてきてくれる。

馬装のとき静かにしている。

乗るときじっとしている。

軽い脚の圧迫だけで動いてくれる。

一歩ごとに脚を使わなくても動き続けてくれる。

行きたい方向へ簡単に行けてすぐ停まれる。

駈歩がすぐ出る。

物見をしない。

急に走り出したり跳ねたりしない。

障害を避けたり止まったりしない。

手入れのときどこを触ってもおとなしい。

手入れも馬装も絶対噛んだり蹴ったりしない。

鞍傷も拍車傷も当然無い。

蹄は形よく蹄叉腐乱等は無い。

身体つきは丸くて痩せておらず十分な筋肉がついている。

毛並みがきれいで皮膚も清潔でつるつるしている。

たてがみはきれいに整えられている。

前髪や顔や肢はきちんとトリミングされてすっきりしている。

蹄の手入れのときはすぐに肢を上げてくれておとなしい。

ブラシかけや顔拭きが好き。

気持ちいいところをブラシかけされるとうっとりして押し付けてくる。

 

~~~

 

いかがでしょうか。

自分の愛馬がこうなったら嬉しいと思いませんか?

 

ウィッシュでは「馬の幸せ」と「より良い乗馬」を両立しています。

馬を幸せにしたうえで、正統派馬術の楽しさやレベルアップを目指しています。

 

私たちは馬を愛しているので馬が幸せでなければ乗馬をする意味はない、と思っています。

     

料金

自馬預託
 入厩料  30万円(税別)
 預託料/月

 ※応相談。入厩時の馬の状態によります。

(およそ20万円〜80万円税別)

 備考

 預託料は馬の状態が良くなれば漸次減額もあります。

 基本調教料・基本装蹄費・基本医療費は上記金額に含まれます。

 特殊装蹄や特殊医療費や必要馬具費などは別途申し受けます。

ウィッシュでは入厩しているすべての馬達にウェルフェアを大切にしたきめ細やかな健康管理と愛情を込めたメンタル管理を行っています。

また全日本出場から鞍付けまでこなせる馬術技術やナチュラルホースマンシップによって、馬とのコミュニケーションを重視した調教を行なっています。


今ご自分の愛馬は上記の幸せな馬の状態からどのくらい離れていますか?

馬はできるだけ早い段階できちんとした調教と管理をしてくれるところに預けることが重要です。

人間嫌いにするのはあっという間ですが、再度人間を信頼してくれるようになるには長い期間がかかります。いかに馬にとって理不尽で辛い期間を少しでも短くするか、そして健康を回復しながら信頼できる人間に取り扱ってもらえる期間を長くできるか、それが良い馬になるかどうかの結果につながります。

     

 

健康管理の特徴

馬の預託

ウィッシュでは馬の健康管理とウェルフェアを重視しています。

すべての馬達が健康で、ボディコンディションスコア5以上。馬の健康管理は予防接種を含めプロの技術で常に行っています。

在厩馬には鞍傷、拍車傷、蹄叉腐乱、皮膚病はいっさいありません。

乗馬クラブとしては貴重な広い放牧地や牧草地を備えています。

馬の健康管理はすべてお任せいただけます。頼まないとしてくれないということはありません。自分が行ったときはいつも馬が万全の状態で待っています。

馬が健康であることは乗馬の基本です。

 

引退競走馬の再調教

馬の預託

引退競走馬の再調教もお任せください。

今まで再調教した引退競走馬は百数十頭以上、豊富な経験と全日本出場の実績で引退競走馬を乗用馬へと再調教しています。

 

自馬の喜び

自馬の預託

自分の愛馬に優しく正しい調教をしてもらうと、自分も上達して丁寧な騎乗ができるようになります。

人馬のコンビネーションが良くなってきたら競技会に出場してみるのも、今までの成果の発表会としてとても楽しいですよ。

全日本に出場するとパンフレットに愛馬とオーナーの名前が記載されます。

最高に誇らしく嬉しい瞬間です。

 

馬の預託

自馬を持つ喜びとは、「愛馬が幸せそうにしている」という温かい気持ちだと思います。

馬が健康になって穏やかな性格に変わっていき、生きてて良かった!という幸せそうな様子を見れることが嬉しい。

 

私は自分が手がけた馬が幸せになっていくのを何十頭も見てきました。

そして自分が馬を幸せにしていけるということを経験的に知っています。

馬はまわりの人間しだいです。特に自馬はオーナーしだいです。

一番大事なことは、オーナーが本気でその馬の幸せを望んでいるか、ということだと思います。

 

注意事項

馬の預託

・申し訳ありませんが錯癖馬は入厩できませんのでご了承ください。錯癖はその馬が適切な飼料を与えられず閉じ込められていたという証拠であり、残念なことに他の馬が真似をしてうつしてしまうことがあります。治る可能性のある方法はありますがとてもかわいそうですよね。

・疾病馬および故障馬は相談のうえ検討いたします。どうぞお問い合わせください。

・短期の預託は基本的にはお受けしておりません。やっと身体が健康になって精神的にもトラウマから回復してきたところで、また地獄に突き落とすような真似は馬を非常につらい目にあわせるだけです。つかの間の幸せを見せてそれを取り上げるようなことはするべきではないと考えています。どうか長期的な安定と穏やかな幸せを与えてあげてください。

・馬は身体的にも精神的にもウェルフェアを尊重されていることが大切です。それを達成できるのはオーナーただ一人です。馬を守るためにあらゆる方法をとりましょう。

・自分の馬が調教と称して鞭で叩かれているのを見て、おかしいなとか嫌だなとかは正常だと思いますよ。自分の子供が理不尽な目にあっているときに、仕方ないとか我慢しろとかは異常だと思います。

・動かなかったら鞭、障害止まったら鞭、それって普通じゃないのと思うようでしたら洗脳されています。もっと他に方法はないのかともやもやしているならその気持ちは正解です。

・馬が噛んだり蹴ったり暴れたり動かなかったりするのは癖ではありません。そういう馬だからということでもありません。「嫌がっている」という事実です。

・馬が嫌がっているときはそれをやめるという判断が必要です。嫌がらないようにやるという問題ではありません。そうやってほとんどの人が取り返しがつかないほど嫌われ続けるか、一発大事故を起こします。そういう状態で乗馬を続けるべきではありませんよ。

・自分が困ることも悩むことも、すべて馬への愛情の有無や正誤で説明できます。自分の馬が噛んだり蹴ったり跳ねたり逃げたりしているなら、それは馬が好きかもしれませんが馬への愛情ではないのかもしれません。

・DVをするやつは「これはお前のためだ」とか「しつけだ」とか「愛しているから」と言いながら相手を殴ります。愛馬が同じことされたら嫌ですよね?

・残念ながらクラブのことを悪く言っても、そのクラブを選んで預けているのは自分自身で自分の責任です。馬だけが被害者です。

・多くの場合各クラブにはそれぞれの方針があります。馬の扱い方や調教にもその人の常識があります。ほとんど変えることは出来ません。相手を変えるのではなく自分の居場所を変える方が得策です。

・もし現在まわりに噛んだり蹴ったり暴れたり動かない馬がいたら、遅かれ早かれその馬もそうなる可能性があります。なぜならそういう環境だからでそうなる理由があるからです。

・馬が幸せでなければ信頼関係は構築できません。身体も心も辛い状態では誰も信じられなくて当たり前です。馬が幸せであれば信頼関係を築けるので、私は馬が満ち足りていて幸せかどうかを重視します。

・人間不信の馬とは何をやっても上手くいきません。馬が協力したくなるようにまず安心と快適を提供することから始めます。

・強制をするとまず抵抗が来るのは当たり前です。ウィッシュでは強制ではなく馬に理解を求めます。

・人間が「上手くいかないなー」と楽しく悩んでいるとき、馬はずっと辛い気持ちでいます。まず考えるべきは馬の気持ちです。常に馬の気持ちを考えるようにしています。

・しょっちゅうケンカしているパートナーと、愛し合っているパートナー、どっちがいいでしょうか。パートナーが嫌な思いをしているのにそのままでいいのでしょうか。まずは馬の気持ちや意見を聞き、馬との協力関係や調和を大切にすることが大事だと思います。

・その馬を守れるのはオーナーしかいません。オーナーはすべてのことからその馬を守る責任があります。わからないことがあったら馬に聞きましょう。馬の様子をよく見て判断しましょう。できないと決めつけたり理由をつけるのは簡単です。愛馬のためならちょっと大変になっても自分を譲歩したり、想像以上のことをやれる力が出せるはずです。

・馬の行動には馬の気持ちが出ています。馬の行動という事実を受け入れてあげてください。馬が嫌がっていたり困っているときに助けることができてこそオーナーです。信頼できるプロを見つけて任せてください。そこまでがオーナーにしかできないことです。そこから馬を幸せにしていくのはプロの仕事です。

 

私たちは馬の気持ちを考えて、馬が理解して納得できるやり方をしています。

馬とコミュニケーションして、安心を与えて、信頼を得ることが最も大切だと思っています。

だからこそ馬の信頼や協調をえることができ、正統派馬術を学ぶことができます。

 

馬が幸せになって自分を信頼してくれたら、それがなにより幸せだとは思いませんか?

私達がしたいのは馬とコミュニケーションできる愛情のある乗馬です。

 

自馬預託
自馬預託
自馬預託

自馬預託 訪問相談 申込みフォーム

自馬預託をお考えの方はこちらから訪問相談をお申込みください。

まず現地や馬達の様子を確認していただきたいと思います。ご質問にもお答えいたします。

 ・自馬預託 訪問相談 ¥16,500-

 

メモ: * は入力必須項目です

 

※入力不備等がある場合等お返事できないことがあります。火曜日定休です。

※お二人以上をご希望の場合はメッセージ欄にその旨をお書きください。

※無断見学や無断来場はお断りしています。(子馬や育成馬を伝染病から守るため) 

 

乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL 050-3637-4902

FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております。ご連絡はメールでどうぞ)Email

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号