乗馬の整歯の必要性

乗馬の整歯の必要性

馬の歯科検診、治療前の歯の状態です。

馬の歯の状態は健康や食餌にも、ハミ受けにも大きく影響します。

 

乗馬の整歯の必要性

馬の右下顎前臼歯。(向かって左下の奥歯)

内側がすごくギザギザに尖ってきていて、舌を傷つけてしまっているのがわかります。

 

乗馬の整歯の必要性

馬の左上顎前臼歯と後臼歯。(向かって右上の奥歯)

こちらはもっとわかりやすく外側のふちが鋭く尖っています。頬の内側にはたくさんの傷がついて、一部は茶色く変色して潰瘍化しはじめています。

痛そう…。

一年前に治療していますが、たった一年でこれです。驚きですね。馬の健康と騎乗のために、馬の歯科治療がどれだけ重要かわかります。

乗馬の狼歯

馬の狼歯。歯槽間縁(ハミの入るところ)のふちに発生することが多い余分な歯で、ハミが当たると馬が苦痛を感じハミ受けに大きな悪影響を及ぼすので抜歯します。

全頭おとなしく良い子でつつがなく治療を終えることができました。

どうかみんなが健やかでよい馬になりますように(^^)

 

 

乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL&FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております)

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号