共感乗馬

馬に共感して乗馬してますか?

こちょこちょ。

この幸せそうな表情、いいですね。

 

今日ビジターさんと話していて、ウィッシュの馬達でも最初から良い状態だったわけではないということをお話ししました。

 

ネグレスト、障害での虐待、皮膚病、蹄叉腐乱、ガリガリの削痩など、けっこうひどい状態で来た馬が多いです。

 

でも馬は、心を尽くして、手を尽くせば、きっと良くなります。

 

もう辛い目にあってほしくない。

馬に本当に幸せになってほしい。

事情があるときだけでほとんど馬の出し入れはしない。

そういうお話をさせていただきました。

 

メンバーさんにもね、今日、「ふくらはぎを圧迫しながら、圧迫されている馬の気持ちを想像しながらやってごらん」とアドバイスしました。

それがとっても良かったそうで、またひとつ意識レベルが上がったそうです。

良かった(^^)

 

ウィッシュでやっているのは共感乗馬

馬装のときも共感、手入れのときも共感、騎乗のときももちろん共感、厩務のときでさえも共感。

馬の気持ちに想いを馳せる。

いつも馬と共感、覚えていてね(^^)

 

 

乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL&FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております)

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号