鞍傷を治すためには

鞍傷を治すためには

こんにちは。

 

うわ、すごい鞍傷。先日来た新馬君の背中にありました。

 

鞍傷を見るのは数年ぶりです。

見ているうちに悲しみと怒りがこみ上げてきます。

 

治るまで乗らずにしっかりケアするからな!

 

原因は様々ですが、鞍付けがまずい、腹帯がゆるい、馬を痩せさせている、鞍傷ができたのに騎乗するなど、これは100%人間が悪いんです。

 

無知で馬を傷つけないように、好きな馬のために勉強してください。喜んで教えます。

想像してみましょう。馬に乗っているとき自分のすぐ下に痛がる怪我があることを。

 

大丈夫なんて言う人もいますが、他人の言葉を鵜呑みにしないで自分で考えてみて。

あなたが馬ならどうですか?どんな気持ち?

 

虐待する一人になりたいのか、馬の側に立ちたいのか。

鞍傷・拍車傷のある馬には断固乗らなければいいだけです。

だって騎乗に適さない故障者リスト入りの馬なんだから。

 

今日はシリアスな内容でしたね。

こういうことを知り、考えることも馬にかかわる人間の責務だと思います。

馬に鞍傷や拍車傷があったときに、言い訳して乗るのか、断固として乗るのを拒否するのか、それが嫌われ者とホースマンの分かれ道です。

ハッピーな馬が増えますように(__)

 

 

乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

~乗馬の知識~

(現在作成中)

馬の気持ち

馬との信頼関係

馬の健康管理

馬の蹄

馬のグランドワーク

乗馬の基礎知識

乗馬の馬装方法

乗馬の騎乗方法

乗馬の練習方法

馬の手入れ方法

馬とのコミュニケーション方法

馬の種付妊娠出産の方法

出産後の仔馬の育て方

馬の繁殖感染症

馬具道具

自馬の買い方選び方

乗馬の調教

新馬調教

乗馬の育成

 

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL 04-7188-4902

FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております)

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号