馬の感染症

保健所指導による馬の繁殖に関わる病原体について

 

・馬鼻肺炎(ウマヘルペスウイルス1型および4型)

 症状:発熱、呼吸器症状(肺炎、鼻汁など)、流産、神経症状など

 感染:飛沫感染(くしゃみなどで排出される)、鼻汁などが人や物を介して感染

    流産した場合は流産胎児なども汚染源となる

 予防・治療:基本的に治療方法はなし。不活化ワクチンあり(接種率低い)

 発生状況:毎年北海道で発生

 

・馬パラチフス(細菌)

 症状:発熱、流産、関節炎、き甲より膿瘍物の排出など

 感染:感染馬から排出された菌が餌などを汚染し、その餌を食べることで感染

 予防・治療:特に治療を行わなくてもほとんどの馬で自然に治癒

       全身感染例(重症化)の場合は抗生物質による治療

 発生状況:2006年に北海道での発生あり

 

・馬伝染性子宮炎(細菌)

 症状:雌馬では子宮内膜炎、不受胎、膣炎など(滲出液などが外陰部より漏出)

 感染:主に交配、感染馬の滲出液に汚染された馬具や敷料や保定道具から感染。

    排出された菌は野外でも長期間生育する。

 予防・治療:子宮洗浄や子宮内への抗菌薬の投与や陰核洞の切除など

 発生状況:2006年より国内での発生はない

(各発生状況は2015年末現在)


 上記3疾病は、いずれも人や物を介して感染が成立する危険性が高いものです。

 そのため馬具や足底の消毒は重要と考えられます。また、他の農場や乗馬クラブで馬と接触があった場合は、手指消毒を実施するなどの対応が重要かと思われます。

 

 

馬鼻肺炎(うまびはいえん)とは
馬鼻肺炎(うまびはいえん)とは
馬の人工授精用、液体窒素保存精液凍結ボンベ
馬の人工授精用凍結ボンベ実際の様子。タンクの中に凍結精液ストローを保管するキャニスターがあります。
馬の人工授精用凍結ボンベ付属品。窒素残量計測用メジャー
馬の人工授精用凍結ボンベの外箱
乗馬で感動!
乗馬で愛情!
乗馬で笑顔!

 

~乗馬の知識~

(現在作成中)

馬の気持ち

馬との信頼関係

馬の健康管理

馬の蹄

馬のグランドワーク

乗馬の基礎知識

乗馬の馬装方法

乗馬の騎乗方法

乗馬の練習方法

馬の手入れ方法

馬とのコミュニケーション方法

馬の種付妊娠出産の方法

出産後の仔馬の育て方

馬の繁殖感染症

馬具道具

自馬の買い方選び方

乗馬の調教

新馬調教

乗馬の育成

 

 

ウィッシュホース

 コミュニケーションズ

〒302-0004

茨城県取手市取手甲1792-6

TEL 04-7188-4902

FAX 04-7188-4902

(調教や馬管理のためお電話には出にくくなっております)

定休日:火曜日

 

※繁殖防疫上 見学不可※

 

ウィッシュホースコミュニケーションズの飯多です!
飯多です!馬と乗馬・馬術のことならおまかせください!

[日本馬術連盟会員]

[千葉県馬術協会会員]

[日本馬事協会正会員]

[日本ウマ科学会会員]

 動物取扱業登録施設

茨城県第376号

茨城県第377号